FC2ブログ
山に行ってきました。

お山

昨夜、友達と一緒に町へと繰り出し
「ヘイ、そこの可愛い幼子ちゃん。俺達と夜のキノコ狩りに行かないかい?」

違う違う…俺にそんな事を言う勇気は無い。



昨夜、友達と飯を食いに行ったときに

友達「明日キノコ狩りに行こうと思うんだが行かないか?」(以下こやつはきこりなので与作と呼ぶ)
俺「行くー」
与作「じこぼうがこの前生えてたから多分取れると思うけど…」

俺「松茸ーーーっ!!!」

ってな事がありまして今日は松茸狩りだーーー!

あ、因みに『じこぼう』っていうのはここら辺の名称みたいで正式にはハナイグチというそうです。
ナメコのように傘の表面にぬめりがあるキノコでお味噌汁にしたり、大根おろしで食べると美味。

与作「でも松茸なんて取れるか分からんぞ?取れる場所は聞いてきたけど…」
俺「夢を追うのが漢のロマン!例えそこに有るか分からずとも追うのが真の漢というものよ!!」


などと話しながら車で田舎道を走ること1時間。正午に目的地に着き早速松茸探しに――
俺「よっしゃー!早速入るぞー!」
与作「いや、ここは個人の止め山だから入ると怒られるぞ?これから行くところはもっと奥だから」
俺「…ちくしょう」
――ならず。

山の麓から車が入って行けないようになっていたので徒歩にて目的地まで向かうことに。
途中で同じくキノコを狩りに来た人に何人か出会い期待度UP!
そして目的の山に付くまで30分。
山を垂直に駆け上がること1時間。


与作「おーい、でっかいキノコが生えてるぞー」
俺「おっ松茸か!!?」








勇者ミラー

俺「ねーよ…」
…もはや何に注意しろというのか。

勇者ミラー「ここはお前らの手に負えるところじゃない…俺でもこの有様だぜ…ぐふっ」

いやいや、こんなところにどうやって車が入ってくるんだ…
そもそもすでにミラーですらないだろお前。

幼女ミラー

また別のミラー。
路肩注意の看板が無残にも落ちている。

幼女ミラー「お兄ちゃん、ここに路肩駐車する時はちゅういしてね!ぐふっ」

いやいや、こんなとこのどこに路肩しろと?
そもそも通行者に対してミラーが90度のお前に何の意味がある?
そして何故俺の身長と同じくらいの高さしかない?


(ここで携帯のSDカードを自宅に忘れたせいで写真が取れなくなる…切ない)


そして更に道なりに進んでいくと

俺&友達「うおっ!道がねぇっ!?」

目の前にはぽっかりと開いた穴、そしてやっと分かったあの看板の意味。

看板娘

看板娘「ここの山は落石が多いので注意してください…ぐふっ」

何故逆を向いている?
そして何故逆さまに折れている?
おーい答えてくれ看板娘よーい


こんな意味不明な看板やミラーも分かってしまえばすっきり!

与作「土砂崩れですねー」
俺「ですねー」

看板よ…落石でなくてこれは土砂だ。
そりゃミラーも看板もあれだけ拉げるわ…

ここはおそらく数年前まで普通に使われていた道で、土砂に埋もれ誰からも必要とされなくなったそんな場所。
山道の墓場みたいなもんでしょうね。
よくよく見てみれば長く伸びた草の隙間から切り立った崖の様な場所がちらほらと…
天気も段々と悪くなってきて命の危険を感じたので急いで退避してきました。




で、

俺「なんでじこぼうにしなかったんだろうね…」
与作「夢を追うのが漢のロマンって言ってただろ」

収穫物:筋肉痛

(以上)

見事に何もありませんでした。キノコのキの字も見つからないくらい何もなかったです…(T▽T)






スポンサーサイト
[PR]

2009.09.27 Sun l  その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top