FC2ブログ
最終回ついに終わってしまった…のだが。
全体的にいい話ではあったのだけれど、なんだか物足りないなぁ…と思ってしまった。
何かこう煮えたぎらないような感じ。


初っ端から
「他の皆は?」
「全員逝ったよ」
!?
えっ嘘っ!?個人的に皆好きだったので『一緒に卒業→これからは皆別々の道だね→だけどここで皆と過ごしたことが心にあるから――』とか考えていたのだが…
いきなりかよ…
何も語られずいなくなってしまったのには少し残念である。
というかめちゃくちゃ残念である。
藤巻ぃ…「お前無事に去っていこうぜ…メンバー全員でよ」、とか言ってたじゃん…
それはあれか、とりあえず高松みたいにならないようにって意味なのか。
まぁその高松も無事成仏できたみたいでなによりだったけどさ。
というかあのまま消えたりしたら本当に報われないよね。


次にギャグシーンについて
自分はkey作品がすごく好きなので「おぉっ麻枝さんが脚本やるのか!」
と1話からすごく楽しみに見てた。
麻枝さんのギャグとかすごく好きだし5話の時の椅子のやつなんかもうすごくツボだった。
ただ最終回はギャグ無くても良かったんじゃないかなぁと思う。
ヅラとか戦歌とか。
麻婆豆腐の歌って確かにかなでっぽさが出てるしいいとは思うがアニメでやるには時間を取りすぎてしまう気がしてならない。
これがゲームとかならきっと問題なかったんだろうと思うのだけれど。
やっぱりかなでを前面に出そうとしたのかな。



そして音無が皆消えた後でかなでに言ったセリフ。

よし、これでかなでと俺以外誰もいなくなった…これで好き放題にゃんにゃんできるぜ!
とかそんな雰囲気を感じ取ってしまった。
これは多分少なからず自分以外にも思った人がいるんじゃないだろうか。
でもこれって最後に音無が今までやってきた事を否定してまでかなでを引き止めたかったのは分かる気がするんだよなぁ…
誰かを救って自分が救われるという気持ち以外に、音無って今まで自分の為に何かをしようって事が無かったんだと思う。
だからかなでをあんなにも必死になって行かないでくれと願ってしまったんだろう。
この世界に新しく来る人間とかそんなのはどうでも良くてただかなでと一緒にいたい。
それさえ叶えば満足なんだと。
やたらそこが人間くさくてもろい部分を初めて感じた。
最後の最後に本当の意味で自分の為に生きようと思ったんだろうなぁ(いや、死後の世界だけどね)

そういう点では日向のほうが我慢強いなと思えた。
ユイが消えた後に「よかったさ」なんて普通は言えないもんだ。


とまぁ色々思ってみたり考えてみたり結果。
全話通して面白かったんだけどやっぱり語られなかった部分は大きいよね…
麻枝さんのシナリオって結構長めの構成だと思うから1クールでまとめるのってすごく難しいんだろうなぁ。
でもそれをやってのける人がいるわけだし、できないのは力不足だと言われるのだから、本当にこの業界で生きている人ってすごいと思う。
一般の人から見れば酷な評価があるのは当たり前のことであって、お金を払っているんだから!とかプロなんだから!という理由でいいものでなければいけないという考えの人も結構多い。
それはその通りなのかもしれないが、でも自分は将来なにか創作活動をしながら生きていこうと夢見ている訳だし、知り合いに漫画家やゲーム会社に勤めている人がいるから、作品を作ることが本当に時間やお金との戦いで、どうしようもない事があることを知っている。
だからそこまで酷な事を言えない。
それを知っていてなお人に酷な評価を与えられる人間は、本当に実力があって有限実行できる人か、自分は受け手だから関係ないと割り切っている人のどちらかだと思う。
クリエーターの人は何か一つでも小さな欠点があれば、その穴から風船が割れてしまうように膨大なものを突きつけられる。
それは作業スピードだったり、クオリティーの高さだったり、センスだったり、才能だったり、努力だったりと上げればきりがない。
有名になればなるほどそうだと思う。
そして求められるものは大きく還元されるものは多分少ない。
間違いなく自分では生き残れない場だと確信できる。
はい、俺死んだ。
お先真っ暗だね。
あのボンバーマンで初っ端から壁とボムで自分挟んだ心境。


っと話ずれた。
とにかく足りないと思ったところは自分で考えつつも(これが二次創作の楽しいところだよね)これからOVAとかで補間してくれると信じている。
あれOVAであってたっけ?AVじゃない事は分かっているがそもそもOVAってなんの略だっけ?
というかOVAって文字ずっと見ていたらゲシュタルト崩壊おこしてきた。


まぁいいや。


そしてここから感動場面を馬鹿にしたかのような嫌な俺の話。
いや、決してAngelbeats!を馬鹿にしているわけではないのだが、自分自身これは冒涜じゃないだろうか?と思えてしまう事があったので…。



1.ゆりがかなでに言ったセリフ
「もっと時間が合ったらいいのにね」
が1クールじゃ短いよねって言う意味に聞こえて個人的に吹いた。

2.音無がここに残ろうといった時に見せたかなでの表情がげんなりしているように見え、そして髪を流したしぐさがうんざりしていたように見え、更に大山くんがかなでに告白した時に「時と場所を選んで」というセリフが頭の中で再生されて吹いた。

3.心臓って脳死以外でも臓器移植使われたっけ?とかそんなとこだけリアルに考えてしまった。

4.かなでが消えた後の音無の動作に吹いた。



とまぁ、どうして感動場面をそっち方向に持っていく脳してんだよと自分に突っ込み。
ごめんね家族の皆こんな低脳で生まれてきて。
長男だから期待したよね。
でも私は元気です(キリッ


とかどうでもいい事は置いておいて、またAngelBeats!の絵、暫く描けないだろうけど集合絵とか描いてみたいな。
その時は作品としてではなく自分自身が楽しめる絵を描けるように。
まぁラクガキね。
野田とか藤巻とか描きたいし。


次からは東方関係の更新(いつになるだろうか)になります。
コミケも近いしね。
もう手遅れ間が露に出ててこんなところで文打っている場合ではないのw
誰か精神と時の部屋を紹介してくれる事を祈って今日は寝ます。
もう眠くてグダグダだ。
眠くなくてもグダグダだ。
ダグトリオだ。
つまらん。

ではノシ


スポンサーサイト
[PR]

2010.06.26 Sat l  その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top